本文へスキップ

日本赤十字社について

日本赤十字社とは・・・

 日本赤十字社は、人道博愛の精神に基づいて不幸な人々を助け、明るく住みよい平和な社会を築き上げていくため、国境や民族、宗教を越えたさまざまな人道活動を行っている組織です。     

日本赤十字社新十津川町分区の活動     

1.社員増強運動の推進


 日本赤十字社は、社員をもって構成される組織と定められており、ここでの「社員」とは、赤十字の人道的な理念や活動に賛同する方のことで、一般にいう会員と同じ意味をもちます。
 日本赤十字社は、国内はもとより世界各国で世界の平和と福祉増進のためのさまざまな活動を行っていますが、これらの活動を支える事業資金は日赤の社員(会員)から拠出される「社資」(年額500円以上)と個人や法人による「寄付金」によりまかなわれています。新十津川町分区でも、本町の赤十字活動・事業をより充実・発展させるため、5月1日から6月31日までの2か月間、全戸社員加入を目標として「日赤社員増強運動」に取り組んでいます。


2.奉仕団活動


 ・新十津川町赤十字奉仕団(地域赤十字奉仕団)
  赤十字活動の推進役として地域に寄り添い、福祉施設訪問や防災訓練への参加などの地域福祉活動や
  ボランティア活動、災害発生時に備えた訓練や研修参加を行っています。

  ・新十津川町無線赤十字奉仕団(特殊奉仕団)
  災害発生時における通信確保や情報収集にあたります。定期的に訓練を行い、万が一に備えています。
  また、無線の意義や目的を広く普及していく活動も行っています。


新十津川町分区 社員増強運動 状況報告


平成27年度 新十津川町分区 社資額(平成27年8月1日現在)
1,009,350円

リンク    

社会福祉法人 
新十津川町社会福祉協議会

〒073-1103
北海道樺戸郡新十津川町字中央307番地1
総合健康福祉センター「ゆめりあ」

TEL 0125-76-2600
FAX 0125-76-3505