本文へスキップ

社会福祉協議会(社協)とは・・・

社会福祉協議会とは・・・

 社会福祉協議会(略称「社協」)とは、都道府県及び市町村に設置され、地域住民、社会福祉関係者などの参画・協力を得て活動することを大きな特徴とし、民会非営利組織としての「自主性」と、広く住民や社会福祉関係者など様々な分野の人たちに支えられた「公共性」という2つの側面を併せ持った組織です。
 地域の福祉活動への参加をすすめながら、地域福祉活動の推進の中心的役割を果たしています。

社会福祉法人 新十津川町社会福祉協議会定款


新十津川町社会福祉協議会 創立60周年記念誌

新十津川町社協の組織

新十津川町社協の主な事業


1. 在宅福祉サービスの担い手として、高齢者や障がい者等に必要なサービスを提供しています。

介護保険サービス ・居宅介護支援 介護が必要な方に、必要なサービスを提供するケアプラン(居宅サービス計画)を作成します。
・訪問介護 訪問介護員(ホームヘルパー)が居宅を訪問し、必要な身体介護や生活支援を行います。  
・訪問入浴介護 自宅浴槽での入浴が困難な方に、特殊浴槽を居宅に運び入れ、入浴を提供します。
障がい者総合支援
サービス 
・居宅介護
・重度訪問介護
身体障がい者、知的障がい者、障がい児等に必要な身体介護、家事援助等を行います。  
・地域活動支援センター 在宅の障がい者を対象に生産活動の機会提供や社会参加等の便宜供与を行います。  
給食サービス 調理が困難な高齢者等にボランティアさん手作りのお弁当を提供します。   

2. いつまでも地域で安心して暮らし続けるための支援を行っています。

 日常生活自立支援
事業
認知症などにより、判断能力が十分でない方に日常生活に必要な手続きや金銭管理等の
お手伝いをします。
 生活福祉資金貸付 生活が困窮している世帯に対し、生活の安定を図るため、各種生活福祉資金の貸付を
行います。
 健康教室
すまいるあっぷ
高齢者の集いの場を提供し、介護予防や認知症予防体操及び軽運動、レクリエーション
を通して、高齢者の自主的な社会参加や健康増進を促進します。 
 認知症カフェ 認知症の人の意思が尊重され、住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けられるよう、
認知症当事者や介護者へ安らぎの場所を提供します。また、地域住民の認知症への
理解、認知症介護の社会化を促進します。
地域サロン支援  社会参加が困難となった高齢者や閉じこもりがちな高齢者をはじめ、地域のコミュニテ
ィの中で住民が互いに支え助け合う地域共生社会の実現に向け、身近な地域でボランテ
ィアによって企画及び運営される地域サロン活動を支援します。

3. さまざまな福祉団体・ボランティア活動を支援しています。


関係機関との
ネットワーク
 日本赤十字社 全世界において、公平中立の立場にある日本赤十字社の社資増強運動や活動を支援しています。 
 共同募金会 赤い羽根募金や歳末たすけあい義援金等、各種募金活動や助成を行います。
遺族会、身障福祉協会、老人クラブ連合会、シルバーセンター、赤十字奉仕団、給食ボランティア、ゆめクラブ(代読ボランティア) 、みみずくの会(傾聴・安否確認ボランティア)


北海道社会福祉協議会


 ← 北海道社会福祉協議会ホームページ
    ※イラストをクリックすると、サイトへ移動します。

社会福祉法人
新十津川町社会福祉協議会

〒073-1103
北海道樺戸郡新十津川町字中央307番地1
総合健康福祉センター「ゆめりあ」

TEL 0125-76-2600
FAX 0125-76-3505