本文へスキップ

すまいるポイント事業(ボランティアポイント)

すまいるポイント事業がスタートします!

 町と社協では「近助・互助・自助」による地域での支え合い活動と、地域の福祉資源や特性を活かした高齢者や支援を必要としている人を地域全体で支える仕組みである「地域包括ケアシステム」の構築を目指し、生活支援総合事業に注力し、取り組んできました。
 平成29年度からは、この事業の更なる推進、既にボランティア活動を実践していただいている方の活動継続への
励み、これからボランティア活動を始めるきっかけになればと、すまいるポイント事業を開始します!

すまいるポイント事業とは?

 すまいるポイント事業(ボランティアポイント)とは、指定された介護予防事業やボランティア活動の活動実績に応じて、スタンプ(ポイント)を付与する事業です。たまったポイントは、ポイント数に応じて新十津川町で使用できるふれあい商品券と交換することができます。


介護予防サポーターポイント

生活支援総合事業の主要な取り組みの一つとして行っている各地区の行政区会館やゆめりあで行われる地域の皆さんのつどいの場であるすまいるあっぷ(健康教室)でのサポーター活動に対してポイントを付与します。

《1》ポイントカードの発行とポイントの付与

@介護予防サポーター養成講座を受講します。

A講座終了後、介護予防サポーター登録意向についてお尋ねします。

B介護予防サポーターに登録いただいた方へすまいるポイントカードをお渡しします。

C指定された介護予防サポーター活動(※)を行います。
※ゆめりあでの介護予防事業のサポート
 各地域で行われるスマイルアップのサポート

D活動後、カードにスタンプを押します。

《2》ポイントカード、ポイントの取扱い

@1日1時間以上の活動に対し、1スタンプ

A1スタンプ=2ポイント

Bポイントがたまるサポーター活動は週1回まで

Cポイントは6ヶ月毎(年2回)、500円から交換できます

D端数ポイントは、翌年度に繰り越すことができます

Eポイント交換手続きを新十津川町社会福祉協議会またはボランティアセンターで行います

F1年毎に新しいポイントカードを発行します。必ず交換してください

ボランティアポイント

社会福祉協議会で行っている高齢者や障がい者を対象としたボランティア(給食調理ボランティア、朗読ボランティア、ハートコールボランティア)、あんだんてに所属し、活動いただいている方のボランティア活動に対してポイントを付与します。

《1》ポイントカードの発行とポイントの付与

@社協で行っている高齢者や障がい者を対象としたボランティア実践者にすまいるポイントカードを付与します。

Aボランティア活動を行います。

B活動後、カードにスタンプを押します。

《2》ポイントカード、ポイントの取扱い

@1日1時間以上の活動に対し、1スタンプ

A1スタンプ=1ポイント

Bポイントがたまるサポーター活動は週1回まで

Cポイントは6ヶ月毎(年2回)、500円から交換できます。

D端数ポイントは、翌年度に繰り越すことができます

Eポイント交換手続きを新十津川町社会福祉協議会またはボランティアセンターで行います

F1年毎に新しいポイントカードを発行します。必ず交換してください
    
 

社会福祉法人 
新十津川町社会福祉協議会

〒073-1103
北海道樺戸郡新十津川町字中央307番地1
総合健康福祉センター「ゆめりあ」

TEL 0125-76-2600
FAX 0125-76-3505